ffd07fd7fb9e33595d4cab123a9f6890_s
こんにちはとこんにちわ。
暖かいと温かい。
 
別にどっちでもいいじゃん、って言われました。
 
作成と作製と製作と制作。
 
もっとどっちでもいいじゃん、って言われそうですが、
ぜんぜん違うので書きますね、めんどくさいヤツと言われても。

関連記事
「こんにちわ」それとも「こんにちは」?
 どっちの漢字?

作成と作製

読み方はどちらも「さくせい」。
何かを作ることだということは、ほとんどの方が理解しているかと思います。
 
この二つの言葉の違いは、
その、作っているものが何かということ。
 
  • 文書や書類、計画など ・・・ 作成
  • 物品や機械、図面など ・・・ 作製

  • 「成」には、成し遂げる、という意味があります。 
    一方「製」は、もともと布を裁断し、衣服を作るという意味があります。
     
    何か形になるものを作る、といった意味合いが強いのは後者。
    また、数えられるものに使われることが多いのも作製です。

    製作と制作

    読み方はどちらも「せいさく」。
    こちらも何かを作るという意味です。
     
    この二つの言葉の違いは、やはり何を作っているか、です。
     
  • 器具や物品、機械や道具などの実用品 ・・・ 製作
  • 映画やテレビ番組、アートなどの芸術作品 ・・・ 制作

  • また、制作には「自分の思うように作る」という意味が含まれますので、
    使い分けるときに気を付けてみると良さそうですね。
     
    ちなみに製作作製は、ほぼ同じ意味だととらえてOKです。

    「作る」を意味する言葉たち

    同音異義語ではありませんが、作るに関する言葉をまとめ。
     
  • 製造 ・・・ 原材料を加工して物品(商品)を作ること
  • 造成 ・・・ 人が使えるように手を加えて作り上げること
  • 生産 ・・・ 人が必要とする物品を作り出すこと
  • 造形 ・・・ 絵画や美術品、彫刻や建築などを造る(ここポイント)こと

  • ちょっと挙げただけでもこれだけ。
     
    似ているということは違う、ってことなんです。
    めんどくさがらずに「この場合はどれかなー」って、考えてみてくださいね。