私の事務所の向いに、大きな本屋さんがあります。

ちょっと時間が空いたときや、ランチで外出したときなどに立ち寄り、
自分の本の売れ行きをチェックしたり、新刊を物色したりしています。
image

こんな手作りPOP、使ってもらっています。
 
今回もおもしろそうな本、見つけましたよー
(まったく新刊じゃないけど) 

出版にも旬がある?

昨年出版する際、当初は8月にしようという話もあったんです。
でも、編集者さんいわく「8月に日本語本は売れない」と。
 
夏休みやお盆休みの時期だし、なんとなく気持ちはリゾート。
お勉強 < 遊び なシーズンなので、
なかなか手に取る気にならないというわけです。
 
では、こういう本はいつ売れるのか。
 
そう。それがこの4月なのです。

春に売れる本

新旧や入学、新社会人。
春は新生活のスタートを切る人が、1年で最も多い時期。 
特に、学生から社会人になる方は、環境が大きく変わっちゃいます。
 
学生の頃は適当でもなんとかなったけど、
社会人となるとそうも言ってはいられないもの……
 
ということで、敬語マナーや正しい日本語といった本に人気が集中。
 
その本屋さんでも、ランキングコーナーの向いに並べられていました。
(私の本もそこにぜひ……)
 
日本語(特に敬語)って、悩みの種の一つなんですね。

日本語お稽古帳

特設コーナーではなく、1F奥の「日本語」コーナーで見つけたのがこちら。
image
毎日新聞社  日本語お稽古帳

これは、単なる誤用指摘本ではなく、
タイトルにあるように「お稽古」するためのもの。
 
誤用を含んだ文章が書かれているので、
間違いを見つけて直すという、なんとまあ楽しい本なんでしょうね。
 
早速開いて「はじめに」を読むと……あれ? この漢字であってるの? という箇所が。
え? この慣用句も違うぞ。これってどういうこと? と読み進めると、
最後にこんなひとことがありました。
 
この「はじめに」の文章中に5カ所の誤りがあるのですが、お気づきでしょうか?
 
うー油断してた。見つけたのは3つだし。
 
今度のお休み、じっくり添削しちゃおう。
いや、それともゴールデンウィークのお楽しみにしようかしら。(←さびしい?)

こちらが事務所向かいの戸田書店静岡本店
半年以上経ったのに、平置きしていてくれて感謝です!
image